2017年11月05日

「監獄のお姫さま」さすがクドカンです!

3話目をさっき見ていて、なかなかクドカンやりおるなぁと
感心しきり…

回を追うごとに面白くなっているのはもちろんだが、伊勢谷友介の役名が
板橋吾郎
その板橋と寝たとか寝ないとか、おばちゃんたちはワチャワチャする
ふと、ゴローという名前で気づく自分
おりもおり、元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが「72時間ホンネテレビ」開催中

ここで昔のことを思い出した方も多いはず、今どきの若い人は知らないと思われるが…
多くは語らないが、クドカンも意味深なことをぶち込んできたなぁと気づかれた人
どれくらいいるんだろう❓
まあ、今の菅ちゃんならいつもの豪快な笑いで吹き飛ばせるだろうから、
ぜんぜん心配いらないけど…
ゴローさんは、苦笑いしそう
posted by yue at 16:19| Comment(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

「29歳のクリスマス」にみる自己肯定感

久しぶりに見ていたら、
典子は自己肯定感の高い女、彩は反対に内面は自己肯定感が低い。
新谷も同じく自己肯定感が低い。
木佐は、そんなことも考えたこともないセレブ。(自己肯定感高いもちろん)

そのせいか典子は、非常に強いとても強い
最近のドラマにはないくらいの強靭な心の持ち主

このドラマは、自己肯定感が低い心を自分の人生が好きって言えるくらい前を向いて歩いていく
若者たちのストーリー

この頃のフジテレビはよかったね


posted by yue at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

「べっぴんさん」視聴やめた!

ここ何年と見続けてきた朝ドラをとうとうやめた

これ最初は、まだ良かったけど進むに連れてどうしようもなく
面白くなくなってきた
そこでついにまあ、惰性で見続けてきたけれど、
それを止めた

スッキリしたぜ
朝の貴重な15分を有意義に使えるわ
もっと早くやめればよかった
ラベル:べっぴんさん
posted by yue at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

SMAPドラマ「僕が僕であるために」  思うよりずっと…

ふとTVをそのままにしていたら、ドラマをやっていて
番組表を見てみたら、SMAPのドラマらしいことがわかり
そこから録画
始まって、30分後くらいからか…

そこまでの話はわからなかったが、5人は高校時代陸上部で
駅伝の選手だったらしい。その彼らの卒業した後が描かれていた。

私たちがイメージする彼ら5人の性格にあった役ではあった。
中でも剛くんの真面目で不器用な感じが上手く演じられていてこのドラマの肝になり、
上手くストーリーを構成してあるなぁと感心

アイドルドラマと思って見ていたので、剛くんが亡くなるところは
自分でも意外なことに涙
したことに、想像以上によく出来たドラマだと…

植木等さんや岸谷五朗さん、小日向さん、野際陽子さんなど
女優さんも鈴木保奈美さん、鶴田真由さん、松たか子さん、瀬戸朝香さん
本当に豪華でamazing
今では絶対無理だな

個人的には、松たか子さんが剛くんが生前話していた4人のことをレストラン?!で
話しているときの表情がよかったから、剛くんと松さんの二人のシーンが
もっと見たかったなと思った

音楽もよかった尾崎豊、
大瀧詠一、そのほかドラマにあった曲選だった

この頃のフジテレビアイドルドラマでも脚本がしっかりしてる
あたり前のことだけど最近のフジのドラマには、それすらも出来ていないものが多すぎる

古い感じは否めないがそれに勝る素晴らしいものが多くあったので、
観ることができてよかったもう2度と、再放送されることもないだろうから…
posted by yue at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

WOWOW「賢者の愛」見ごたえがありました!

まゆとユリのふたりの間のドロドロした関係が面白かった
テンポもよく、4話という中でだれることもなく
サクサクとこの二人を中心とした人間模様が描かれ
それが人間の醜い部分もうまく表現されて次つぎと見たくなった
人間、普段は表面的にはいい人常識人として生きようとしている人が
ほとんどだと思うから、こういう赤裸々な関係がとても興味深いし、
ある意味ワクワクする

中山美穂は、まあこんなものという感じですかね
特によかったのは、高岡早紀
この女優さんは、必見です👀


このドラマ、音楽がイイ
それと撮影の場所のまゆの実家とかユリとりょういちの真っ白な家とかとても
ドラマの雰囲気を醸す含みを持った場所も素敵だった
posted by yue at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

NHK プレミアムドラマ 「奇跡の人」秀作です!

脚本家岡田惠和さんの力が存分に発揮されているamazingなドラマ

愛すべきバカの一択こと峯田和伸さん
いいですね
このおバカのロックな魂もこのドラマでは、とても重要

宮本信子さんのナレーションも真理をついていて、深い

NHKならではの作品ではあると思う。
このキャストでは、民放ではキツイだろうと素人でも思うが、
このキャストだから、このドラマの良さがあるのは間違いない
丁寧に作ることができるのもNHKの良さだと思うから、民放ではやらなそうな
ドラマができるのを楽しみにしている

少し前の作品で、鎌田敏夫さん脚本の水野美紀主演のドラマ「逃げる女」も
とても秀逸でした。さすがです。鎌田さん

NHKは、ベテランの脚本家さんがその能力を存分に発揮できる数少ない場かも...
posted by yue at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

重版出来!の主題歌



いつもドラマのいいところに流れるのよね
ラベル:重版出来!
posted by yue at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

重版出来! サイコーに好きかも...

久しぶりにBlu-rayに残したいドラマを視聴中

いつもは、HDDに録画しても見て、消していくものばかりだったが、
1話目からこれは消してはいけないと感じた数少ない作品だ

キャストも黒木華ちゃんのこころちゃん、一生懸命な頑張り屋さん、嫌味なくただただとても可愛い
五百旗頭さんのオダギリジョーがすこぶるカッコイイ
このひとは、いつもカッコイイのですが特にこのキャラ的にも...
安田顕さんは、ひとくせも二くせもある役が多いけど、この役も嫌なキャラかと
思わせながらのいい人、素敵です
編集長役の松重さんは、なくてはならない人いい味だしてる

このドラマの脚本も演出も音楽も全てにおいて一体感、チーム感が伝わってくる本当によい作品
それにこの作品に対するスタッフさんやキャストさんみんなのアモーレを感じる

来週で終わってしまうのが、悲しすぎる


キャストの方の言うように2時間のSPでぜひ戻ってきてほしい
posted by yue at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

マスケティアーズ パリの四銃士

やはり海外ドラマはいいね

これは、イギリスBBC制作で中世の話だからセットがめちゃくちゃ豪華絢爛
衣装もその当時の感じだから、あれでアクションする彼らは
なかなかやりおる

ストーリーも1話完結で見やすいし、ストーリー自体もサスペンスぽくて
面白い
そんな中でもヒューマンドラマ的な部分もあり、アクションやラブなど見所いっぱいで
ホント楽しいドラマ
キャストも素敵な人たちばかりため息が出そうな...

海外ドラマ見るたびに思ってしまうことが、それに比べて日本のドラマは...ということ

まあ、これはどうしようもないから置いておくとしましょう
posted by yue at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

NHKドラマ「逃げる女」

このドラマ、見始めたら目の離せないドラマとなった
ストーリーもさる事ながら、役者さんたちがみな素晴らしい

中でも、仲里依紗はすごい
凄すぎる
演じてる感じがしない
魅了されっぱなしだった
ドラマ全体としても、丁寧に作られていて、
ドラマというより映画っぽいクオリティの高い作品だった
心象風景になるとても美しい画も印象的でした

このドラマの中で遠藤さんのナレーションで流れた言葉

時として人間は、
相手が自分と同じルールで生きていると思い込んでしまう。
人はそれぞれ違うルールで生きているんだということを、
つい忘れてしまう。。。

人を信じるというのは、
相手が自分と同じルールで生きていることを期待する、
むなしい希望なのかもしれない。。。


鎌田敏夫さん、脚本です
聞いたとき、胸の奥で何か引っかかった

出会えてよかった作品
posted by yue at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

ダメ恋といつ恋

「ダメな私に恋してください」は、
見るまではたぶん初回見て、次から見なくなる作品っぽいなと
思っていたが、これが思いのほかテンポもあり、気軽に見られて面白い
深田恭子ちゃんが結構いい年になっているにもかかわらず、とってもカワイイ
ディーン・フジオカがすごく人気がでてきたので、取り上げられているが
台湾で仕事していて、人気があったというのを聞くと、金城武を思い出した
ちょっと、系統が似てる気がする

金城武と深田恭子ちゃんと言えば、「神様もう少しだけ」だよね
このドラマ、すっごく素敵な作品で好きだった
なにか縁を感じるドラマだと思っているのは、自分くらいか?!

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」まず、タイトル長い
いいキャスト揃えてるから、こちらのほうが期待値高かったが
フタ開けてみたら...という状態かな
まあ、始まったばかりだからこの先もうちょっと面白くなっていくのを
願うばかり

posted by yue at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

コウノドリ 4話を見て...

今回のストーリーで、サクラや下屋が切迫流産で危険な状態にあると
いう説明をして、夫婦がどちらを選択するかというのものだったが、
結局、赤ちゃんも母体も助けられてよかった、よかったみたいに
なっているが...
指をギュッと握ってくれて...

自分としては、NICUに入った後が気になる。
カンファレンスで四宮が生まれたとしてもなんらかの後遺症が残るということに
ついての親の覚悟を下屋に聞いていたけど...
山口紗弥加も新生児科医として、そういうところが気になったので
あの態度だったのだと理解した。
そう、四宮が取り上げた子で今も病院から出られないあの女の子。
その子の親は面会にも来ていないという設定。

NICUにいる子供を引き取り拒否する親。
これを見終わってから検索して、このブログを見つけた
コチラに自分が気になっていたことが数多く書かれていたので、
関心のある方、出産なさる予定のある方等々ご覧下さい。

以前から、どんどん発展する医療の進歩にある意味、危機感を持っている。
デザイナーベイビーもしかり、寿命をのばすこともしかり
神の領域に踏み込んでいるのではないだろうか?
ここまでして、人間は生きないといけないのだろうか?

確かに子供を助けられるなら、なんでもする。
その気持ちは、親なら苦しいほど理解できる。
その一方で、NICUにいる我が子に会いに来ない親もいる。
離婚してしまう親も多いそうだ。

このブログにも書かれていたが、高齢者を介護するのと、
子供を介護することは、介護という点で似ているような気がするが
まったく違うようだ。

ドラマは、やはりキレイ事を前面に押し出して、
影はひっそり追いやった。




posted by yue at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

民王サイコー!

今日で3話目だったが、どんどん乗ってきてるのかexclamation&question
どんどん面白くなって来てるーーー

エンケンさん、菅田将暉くん二人ともいいねぇ
脇も高橋一生くんを筆頭にみんな素晴らしい

この夏のドラマ、ぱっとしないものばかりの中でコレは
ダントツ面白い
何話まであるのか知らないけど、終わって欲しくないドラマだわーーーー
永遠に続けて欲しい
posted by yue at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

2015春クール一番素晴らしいドラマ『天皇の料理番』

TBSテレビ60周年特別企画『天皇の料理番』

この時代のドラマ、戦争に関連するのでちょっと苦手なので
見ようかどうしようか迷っていた。
だから、とりあえず第1話を録画で見て、決めようと思った。
そう、それからずーーーーと見ている。

面白い、テンポもいいし、登場人物の描写もムダがない。
人の心に寄り添うようなシーンもシンプルに丁寧に表現されていて
それが余計に観るものを惹きつける。
役者のみなさんの演技も演出も脚本もすべてが相乗効果をもたらしているかんじがする。
クオリティの高い作品に仕上がっている。

佐藤健くんはじめとして、鈴木亮平さん、黒木華さん、小林薫さん、
みなさんの演技は、秀逸でアメージング
特に桐谷健太さんのフェミニンな雰囲気が結構好き


一見、いろいろな意味でアイムホームや倫太郎より地味な感じはするけど、
TBSテレビ60周年特別企画としては間違っていなかったし、スタッフの本気度は
十分伝わった。
素晴らしいドラマなので、多くの人に見て欲しいと思う。
残り数話だけど...
特に若い人たちが見たがる時代ではないので、特に見て欲しい
DVDなってからでもいいので...
posted by yue at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

ドラマ「アルジャーノンに花束を」

このドラマ、自分にとってはいわくつき
何年か前のこのブログの記事にも書いた記憶がある
ユースケサンタマリアのアルジャーノンの時だ

大好きな原作だけに山P主演でやると聞いた時の落胆
でも窪田正孝くんが出ると聞き、取り敢えず見ることに...

山Pの勤め先が花屋さんなのは、タイトルに由来するのかexclamation&question
もちろん、原作と違う
まあ、そこは置いといて、山Pの演技
なんとかならいかしら
勘弁して欲しい
周りはいいだけに下手さが際立つ

ラスト近くの栗山千明がアルジャーノンを山Pから返してもらうシーン
栗山千明が泣いて訴えるいいシーンに山Pも泣くというところ
ここ山Pがもっと上手くできる役者ならば、この1話の見せ場だったはず...
残念すっとスルーした感じ

主題歌の「the rose」ベッド・ミドラーもほんと大好きな曲だったので、
全体の作品のセンスは悪くないと思う
むしろ、なかなか

野島さんが脚本監修のせいか、懐かしい人たちが出ていた
いしだ壱成くんとか、河合我聞くんとか...
作品に漂う空気感は、「未成年」という感じかexclamation&question




posted by yue at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

WOWOW 「天使のナイフ」と「贖罪の奏鳴曲」

WOWOWのドラマは、そんなに大きくはずれない
とてもよくできていると言っていいだろう

「天使のナイフ」と「贖罪の奏鳴曲」ともに今話題になっている少年犯罪がらみの作品だ。
ストーリー的には、「天使のナイフ」のほうが都合よく話を作りすぎていて、
リアル感にかける。まあ、驚いたのはこちらだったが...
それぞれの少年少女たちの後の贖罪をみていると
何が本当の意味で贖罪になるんだろうかと考えさせられる。
その意味においては、「贖罪の奏鳴曲」の最終話でリリーさんが三上さんに言っていることが
一番腑に落ちた。
三上さんは、相変わらず上手いですね。こういう役柄が...
リリーさんも秀逸。

長崎女子高生殺人事件や名古屋女子大生殺人事件も
古くは酒鬼薔薇事件も
人を殺してみたかったというだけで行われたサイコパスの事件。
彼らもこの作品のように名前を変えて、普通の人として生活していくのだろう。
posted by yue at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

wowow 「レディ・ジョーカー」深い、いいドラマ!

グリコ・森永事件をモチーフにしていると言われる作品であったそうだが、
自分自身この事件をあまりよく覚えていなかったので、
このドラマを見ているうちに何度となく、
検索していろいろと読みあさったものだ。

モチーフにしているがあくまでもフィクションなのだから、
検索して調べていくうちにいろいろと相違はあるのだが、
ドラマでも描かれているように犯人がわかっているのに
逮捕できない!
狂おしいほどのいらだちは、とてもよく描かれていて、
正しいことが実際の世の中で必ずまかり通ることがないことも
世の多くの人びとが知っている。
その虚しさが胸を締め付ける。

ストーリーもよく練られていて、キャストの描写もわかりやすくて、
ハマってあっというまに全話みてしまいました。
原作が難しく、長編のため読んでみたかったが、
簡単に視聴できるドラマに走ってしまったが、
これも良しといえるものだった思う。
posted by yue at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

「セカンド・ラブ」を見た

亀梨和也さんと深田恭子さん「セカンド・ラブ」を見た
大石静さんの脚本だそうだ
彼女の脚本、当たり外れがあるんだよね

まあ、1話の内容的にはまだまだ様子見というところでしょうかexclamation&question
それより気になったのは、ラブシーン
亀梨さんのキス見て、思い出したのは深田恭子さんがブレイクした
「神様もう少しだけ」の金城武
亀梨さんのkissは、日本人がするkissという感じでジャニーズでは上手な方だと思うけど、
金城武さんはホント上手かったよねぇ
見たい方は、検索してくださいまし…

亀梨さんのコンテンポラリーダンサー、雰囲気は出てたし、あんな感じの人いそーって思った
欲を言えば、もう少し柔軟性があるともっとそれっぽいよね
次回をお楽しみに…
posted by yue at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

「Nのために」  よいです!

いよいよ、今週で最終回を迎えるこのドラマ
キャストの朝市とお兄やんが出るところから、見ようと決めていて
ここまで観てきた感想は、とても良い出来です
こういう人間の心理に迫るドラマは、とても興味深くて面白い

窪田くんは、NHK大河の「平清盛」の時に、
「この若い俳優さんなかなかやりおる」と思ったのがきっかけで、
朝ドラも良かったので、このドラマ楽しみにしていた

期待を裏切ることなく、窪田くんに魅了されておりまする
榮倉さんとの故郷訛りで話すところがツボだよね
訛りバンザイカワイイ

彼らの故郷の景色の映像も素晴らしかったし、それが彼らの心情と
あいまって、余計に切なかったり...
キャストの心情に寄り添ってとても丁寧に作られているように感じられます

最終回前に成瀬は、ようやく杉下に告白します
そのシーンもすっごく素敵だったけど、自分にはその前の
杉下のマンションの下から、成瀬が見上げながらケータイで話をするロミジュリのようなシーンが好き
その時の成瀬の横顔のうつくしいことベストショット
壁紙にしたいッて思ったのは、たぶん自分だけではないと思う

最終回、楽しみであり、もう見られないかと思うと寂しくもある
複雑な気持ちで見守りたいと思う
posted by yue at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

金城武、深田恭子「神様、もう少しだけ」つづき

今、7話を見終わったとこだけど、
まあ、突っ込みどころも多々あるが、深キョンの演技の下手さも
ままあるが、でも、この子ときどきイイ演技するんだよね

それと、この7話はやっぱりふたりのキスシーン
金城武さんは、キス上手
深キョンは、まだ17歳位でこのシーンは大変だったじゃないかなぁ
何しろ長い
カット割りから見ても、何度もしてるよね
くちびる触れて動かないKISSとは違うKISSを...
お疲れ様でした
posted by yue at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

金城武、深田恭子「神様、もう少しだけ」

ひょんなことからyoutubeでこれを見つけて、
むか〜し見てたなぁと思ってクリックしたら
ハマッてしまった

すごい大雑把なあらすじしか覚えてなかったが、
1話見てたら、なんと今では大女優の仲間由紀恵出てるし、
彼女派手なメークで歌ってるし、田中好子、深キョンの母だし、
矢沢心ちゃんが深キョンの友だちだし...
いろいろ1話めは新鮮だった
女子高生、ルーズソックスだったり
深キョンの逆立ちパンツ姿も今考えると、レアだわ

金城武カッコイイよね
声も素敵るんるん
この頃の彼は、いくつだexclamation&question

ホントは、難病ものとか苦手なんだけどね


ラベル:金城武 深田恭子
posted by yue at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

ドラマ「プラトニック」ダメだった(T_T)

面白いかも...と思わせておいて、残念という感じでしょうか

出だしは良かったんだけどね...
野島さんの脚本は、万人受けはしないと思ってはいたが
ここまでとは...
エンターテイメント何だから、イイといえばいいのだろうけど、
この人の作品は、映像化するの難しいんじゃないの
小説のほうが読んだ人がそれぞれに思い描くことができると思うのだけどなあ
好きな人しか手に取らないと思うし...

今日かな、最終回
一応見ます。着地を見届けます
posted by yue at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

ドラマ「プラトニック」3話 生きることと...

生きることと
ただ生きていることは違う
まるで違う


今の自分には、とても心に響く言葉。
堂本剛くんが中山美穂に言った言葉。
ラベル:プラトニック
posted by yue at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

思った以上に面白い!ドラマ「プラトニック」

最近の野島作品は、どれもハマらなかったがココに来て
キターーーーというかんじかな

1話見た時は、竹野内さんと上戸さんのドラマに似てるッて思ったくらいだったけど、
2話目に入ったら、ただ単に愛する娘を助けたいと思っている中山美穂かと思ったら、
コヤツは想像以上に怖いやつだった
自分の心臓を他人にあげるという堂本剛よりもっともっと得体のしれない狂気さえ感じる

そして、自分の元旦那に対するあの行動。
旦那は、単純なので全部自分が悪いと思うように仕組まれていたなんて…がく〜(落胆した顔)
エレベーターの中の涙なんて、止め刺したよね旦那に...

竹野内さんのドラマのようなただ純粋な思いとは、真逆にいってるところが
ゾクゾクするねぇぴかぴか(新しい)
ある意味人間らしくて、惹きつけるわあ

それから、サイドストーリーとして走っていくお話がどういう風に
絡んでいくかも興味津々
posted by yue at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

終末期医療

今クールのチーム・バチスタ4 螺鈿迷宮は、終末期医療がテーマになっている。

先日、義母の葬儀が済んだばかりの状況では、このドラマを観ていると
思い出すことばかりで涙が溢れてくる。
この病院のように緩和ケア病棟にて、人生を閉じた。
院長の柳葉さんが「人間らしく生き、人間らしく死なせてくれる」という言葉があったが、
まさにこの一月半の間に、義母や父のことを観ているうちに自分自身の死に向かう考えも
ずいぶんと考えさせられた。
介護は、本当に大変だ。身にしみた一月半でもあった。
父は、まだどうなるかはっきりしないが
自分だったら、このドラマではないが自分らしく生き、自分らしくあっけなく
逝きたいものだ。
なかなかそんな風にもいけないこともこの一月半で学んだ。
とりあえずは、今を懸命に生きるだけだ。
posted by yue at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

「独身貴族」思っていたより...

今見てる秋ドラマの中で、一番期待してなかったものだったけど、
今日のラストの剛君と紙ちゃんのシーンぴかぴか(新しい)
良かったひらめき
剛君のいい人で誠実でピュアなところが
切なかったぁもうやだ〜(悲しい顔)
相変わらず、剛くんはうまいですなぁ
紙ちゃんもいい表情で...

きっと、このふたりは結ばれることはないのに違いないが、
紙ちゃんにも幸せになってほしいと思わせてくれるいい脚本だかわいい
どんな風にラストへ向かっていくのか、とくと見せていただきたい
ラベル:独身貴族
posted by yue at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

2013 10月クールのドラマ

今回、ちゃんと見ているものは
リーガルハイ、ドクターX、クロコーチ、トトリ2、独身貴族
こんなあたりでしょうかわーい(嬉しい顔)

独身貴族は、1話見たときにもうやめようと思っていたら
2話に流し見をしてたら、なんとなく続いてしまったがく〜(落胆した顔)
バブルを彷彿とさせる部分もありのドラマで、ベタでもあるのだが、
ラストもクリスマスぐらいだから想像つくんだけどねぇかわいい
たまには、こんなのもいいかというかんじでしょうかわーい(嬉しい顔)

リーガルハイ、ドクターXは、安定の面白さぴかぴか(新しい)
クロコーチは、くせになる感じかわいい
トトリ2は、三上さんがいいですねるんるんるんるんるんるんるんるん
posted by yue at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

半沢直樹祭り?!

半沢直樹祭りのように盛り上がっていますが、その中で自分が興味を持った記事が
コチラ 「半沢直樹」最終回の元銀行管理職からみた解釈
とその続きの 「半沢直樹」最終回の元銀行管理職からみた解釈〜補足説明

ちょっとドラマが原作と違っているから、納得出来ない部分があるので
あの大和田常務の処遇について、あの中でも言っているがこれを読んで
そうだよなぁ!と納得したわーい(嬉しい顔)
制作側は、香川さんに退場してほしくないのだよねかわいい次回作で...


個人的には、堺さんはリーガル・ハイにほうが好き揺れるハート
10月からのリーガル・ハイ楽しみぃるんるんるんるんるんるん
ラベル:半沢直樹
posted by yue at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

「名もなき毒」泣いちゃったよ

ドキュメンタリーで泣くもうやだ〜(悲しい顔)ことはあっても、ドラマで泣くなんて
久しぶりかも...
冷静に考えると、自分が思っていた以上にこの作品にハマっていたのかも...


青酸カリの殺人事件の犯人である青年のこの世はなんて理不尽だと思っていた
彼の心に寄り添ったら、いつしか涙が溢れて止まらなかった

このドラマで、いろいろな毒を観てきたわけだけど、
こんないい人の典型である孝太郎くんの毒を目の当たりにしたら、怖かったがく〜(落胆した顔)
ホントに...

そのせいか、実家の母からの電話電話
このシーンもあんなことがあった後だからかもしれないけど、よかったね〜
しみじみしてしまったかわいい

そうそう、この感じ理不尽なことで哀しく思ったり、ほんわかした気持ちになったり
するのが、まさしく宮部みゆき流ひらめき

ヒューマンドラマとしてとても素晴らしい作品に巡り会えたぴかぴか(新しい)と思っている
半沢直樹のような強い信念を持ったヒーローでなく、人がいいだけにいろいろな厄介事に
巻き込まれていくというような頼りなさげだが、責任感と彼なりの信念が妙に
人間らしく魅力的で目が離せない孝太郎くん演じる杉村目

視聴率的にいまいちかもしれないけど、また孝太郎くん演じる杉村に会いたいものだわーい(嬉しい顔)

そうだ忘れてたexclamation×2カフェのセットがすっごく好きだった揺れるハート
ラベル:名もなき毒
posted by yue at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

「Woman」の陸くん、可愛い♪ 高橋コンビ?!

終わちゃったねもうやだ〜(悲しい顔)
さみしくなるなぁ...

すばらしいドラマだったぴかぴか(新しい)
初めのうちは、ちょっと見ていてキツいって思ったけど、
穏やかなトーンで淡々と描かれていくうちに
見ずにはいられなくなった目
すっかり、坂元さんの手の内に落ちてしまったわーい(嬉しい顔)
このかたの脚本は、押しつけがましいところがなく、余白があるところが
とても好ましい揺れるハート


キャストの方々もほんとによかったひらめき
満島ひかりさんを筆頭に、田中裕子さん、小林薫さん、二階堂ふみさん、
小栗旬さんほんとうに秀逸でした〜ぴかぴか(新しい)
いい役者さんばかりでしたわーい(嬉しい顔)
特にお気に入りは、お医者さんの高橋一生さんと陸くんの高橋來くん
の奇しくも高橋コンビが一番好きでした揺れるハート

このドラマでキツイと思うところがあっても
あざとくなく、本当に子供らしい陸くんがいてくれたおかげで、
救われた部分がかなり大きいかわいい
posted by yue at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする