2015年10月28日

2015年10月27日のつぶやき




posted by yue at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結婚しないと思われていた男が結婚する理由

結婚しないと思われていた男が結婚する理由が
ここに書かれている

興味深い
この記事自体が2014年の3月だから、少し前のことなんだけど
これ読んでいて、福山雅治さんもこれにあてハマるわぁと思った

男と女の結婚に対しての考え方の違い、みなさんご存知だろうか

女性がよく言う「いい人がいれば、結婚したい」というのは、女性にとって結婚は「相手」が重要であることを示しているが、男性にとって結婚は「時」がすべて。結婚したいと思った時に、身近にいた女性と結婚するものなのかもしれない。
   仁科友里「女を病ませる「結婚してもらえない」問題、菅野美穂が用いた“プチ圧力”のススメ」より引用

お金を持っている適齢期を過ぎた男性の多くに当てはまる気がする
このライターさんは、よく観察してるというのかなかなか鋭い
この記事だけでなく、菅野美穂ちゃんの結婚についても記事に書かれていたけど、コチラもなかなか
参考になるよね
 
独身女子は、特に読むと良いと思われる

先の記事を読むと、女の人と長い時間一緒にいられないというかの中居正広さんもじきに電撃結婚するのでは、と思えてならない
posted by yue at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

2015年10月14日のつぶやき




posted by yue at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東田直樹くんの言葉

変わらない幸福というものがあるとしたら、繰り返される命の輝きではないか…

東田直樹くんの「続・自閉症の僕が跳びはねる理由」での言葉

他にも目からウロコが落ちるような言葉たちに彩られた作品

自閉症の人達に対する認識が変わることは間違いない

自分のことをこの年令で的確に言葉にできることは、本当に素晴らしい
なにしろ健常者と言われる者の中でこの年令でこれほど自分自身を見つめている人たちがどれほどいるだろうか?

『おわりに −思いを書くこと−
自分の思いを書くことは、心を見つめ直すことです。
(中略)
ひとりひとりが大切な人であるように、僕が自閉症として生まれてきたことには、きっと大きな意味があるに違いありません。それが、何なのか見つけることが、これからの僕の人生の目標だと思っています。』

posted by yue at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

2015年10月01日のつぶやき




posted by yue at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デザイナーベイビーと映画「私の中のあなた」

NHKのデザイナーベイビーを見ていたら、安達祐実の生んだ赤ちゃんが
遺伝子操作されたデザイナーベイビーのようだった。
その赤ちゃんが誘拐されていなくなるというサスペンスなドラマなのだが、
ドラマのストーリーもなかなかよくできているのだが、
自分がまずひっかかった点は、このデザイナーベイビーがく〜(落胆した顔)

確かに不妊治療も当たり前のようになってきているけど、これについて
知識もなければきいたこともなかったから、とても興味深い
ここまで不妊治療も進んできているならば、こういうこともさもありなんと理解はできる。

そこで、このデザイナーベイビーの映画「私の中のあなた」を見た目

この中では、長女が白血病と診断され、移植ドナーが見つからないという状況で
医師からデザイナーベイビーの提案を受け、アナという妹(ドナー)が生まれる。
ある日、そのアナがこれまでも手術に協力してきたが、もうやりたくないと親を訴えた。

この長女は、ずっとママのために頑張ってきたんだというのが
口に出していうことは一切ないが、とても伝わってきて見ていて切なく、辛い
ここのお兄ちゃんにしても失語症だったり、苦労しているけど
この家族の中ではもっとも辛い立場にいる長女が中心に生活が動いているから
こんなところももっとママ、お兄ちゃんも見てあげてと思ってしまう。
母親は、自分の子がこういう状況の時、やはりどこまでもこの作品の中の母のように思ってしまうのかexclamation&question

家族がそれぞれを思いやって生きているのは、十分感じた。
とてもいい家族。いい子供たち。
考えさせられる作品

これは、白血病だったけど、介護や難病の人など
医療の進化によってもたらされる
光と影が今後さらに問題になっていくような気がする
posted by yue at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする