2013年06月17日

2013年06月16日のつぶやき




posted by yue at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「大奥~永遠~」DVDで観て...

映画館で観たものをまたDVDで見直すことは、滅多にないのだけど
観てみたら、映画館で観た時と感じ方が違うexclamation×2
どうしたものかと...
自分のことなのに...
映画館で観た時のレビューは、因みにコチラ

特に違うと感じた点は、ゲイふたりに目の前でまぐわえと命じた後の
堺雅人に菅ちゃんが今ならわしを殺せるぞというシーンぴかぴか(新しい)
後に堺雅人が唐突に「好きや揺れるハート」といってるというかんじにとられがちだったが、
改めて見なおしたら、右衛門左ちゃーんと雰囲気出してる、
伝えてるのわかったーーーひらめき

「好きや」のシーンも時代劇KISSで物足りないというようなことを書いた
気がするが、ちゃんと見なおしたらそれほどでもないかわいい
まあまあかな、「好きや」に振り向く綱吉の表情いいね!ぴかぴか(新しい)
菅ちゃんの脚がセクシィーわーい(嬉しい顔)
こういうのは、1回観ただけでは、気が付かないところだひらめき
布団のなかのふたりの雰囲気もよいよいるんるん表情で語る菅野美穂ぴかぴか(新しい)

始めて観た印象と違う場合、どちらが本当の感想なんだろうかexclamation&question
普段は、何度も見返さないので初めて感じたものが
それを表現するものとなってしまうのかもしれない。
でも、はじめほどは、悪くないのでなんだか惜しいという感じでしょうかわーい(嬉しい顔)


posted by yue at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野美穂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

2013年06月13日のつぶやき




posted by yue at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「出生前診断必要なのか疑問」を読んで

中日新聞2013.6.14発言ヤングという記事の中で
気になったものがあった


野呂奈々穂 高校生17 (三重県桑名市)
(途中略)私は、「命の選別」を招きかねない「出生前診断」が
本当に必要なのだろうかと疑問に思う。
 もし陽性だったとしても、障害のない赤ちゃんが生まれてくる可能性もあるのだ。
親側の「命の選別」によって、その子供の未来を奪うことになってもいいのだろうか。
 障害のある子どもとない子どもとでは、親の負担は大きく違ってくるだろう。
しかし命の重さはまったく同じだ。 
 小さな命が自分を選んでくれたということに、親たちはもっと誇りを持つべきだとは思う。



このことに関しては、ニュースを見ていて気にはなっていた
当事者であるか、ないかで随分と考え方も違う気がするが、
今現在、当事者ではない立場で思うのは
医学の進歩は特に命に直に関わってくる分野なので、
今後一層の人として生きることの意味を考えていかなければならないだろう。
モノのように生み出されていくには、あまりにも哀しすぎる
機械やモノのように心を持たないのであれば、生きながらえることも
たやすいだろうが、この厄介な心をを持つ人間は、
これからの未来の医学によって、今以上に考えなければならないだろう。
それが医学の進歩による恩恵の陰の部分であることは言うまでもない。
だが、この記事の発言のように最後の部分で人間としての誇りを失ってほしくないものだ。
キレイ事かもしれない...    
でも、そう信じたい。そう信じさせてほしい。
ラベル:出生前診断
posted by yue at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

2013年06月12日のつぶやき




posted by yue at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月のヘビロテ曲 SEKAI NO OWARI 「RPG」

前からSEKAI NO OWARI は、好きだったけど、この曲もいいね!わーい(嬉しい顔)
クレヨンしんちゃんの主題歌らしく、元気でノリがよくって...


ラベル:SEKAI NO OWARI RPG
posted by yue at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする