2011年12月20日

2011年12月19日のつぶやき

yue524 / yue
『マライアとジャスティンのクリスマスの名曲』あおいなみだ|http://t.co/w6JpMuIy at 12/19 06:25

yue524 / yue
『2011年12月18日のつぶやき』あおいなみだ|http://t.co/3UPUSZWS at 12/19 00:05
posted by yue at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

2011年12月10日のつぶやき

yue524 / yue
『皆既月食 幻想的 三日月』あおいなみだ|http://t.co/nkVRTSJD at 12/10 05:50

yue524 / yue
『2011年12月09日のつぶやき』あおいなみだ|http://t.co/zFlxuSGX at 12/10 00:05
posted by yue at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皆既月食 幻想的 三日月

欠けていくカンジも良かったが、
月食中の何とも言えない幻想的な月三日月が素敵

いつもよく見る他の星たちとの光のバランスが
いつもと違って、同じトーンに揃った月が美しいぴかぴか(新しい)

ちょっと、雲が出て隠れたりもしたが、美しい星空が見られて
記憶に残る天体観測だった
ラベル:皆既月食 
posted by yue at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

2011年12月06日のつぶやき

yue524 / yue
『2011年12月のヘビロテ曲 MONKEY MAJIK - Headlight piano version』あおいなみだ|http://t.co/nECAHWyH at 12/06 05:04

yue524 / yue
『2011年12月05日のつぶやき』あおいなみだ|http://t.co/yk0tC7T9 at 12/06 00:05
posted by yue at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月のヘビロテ曲 MONKEY MAJIK - Headlight piano version



イイ曲だぴかぴか(新しい)
本当に...
ひとりでも多くの人に聞いてもらいたいひらめき
紅白に選ばれてもいいのに...どうしてだろうexclamation&question
posted by yue at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

2011年12月02日のつぶやき

yue524 / yue
『ドラマ「アルジャーノンに花束を」観たが...』あおいなみだ|http://t.co/8VJGokrd at 12/02 20:44

yue524 / yue
『2011年12月01日のつぶやき』あおいなみだ|http://t.co/KTt6vSYW at 12/02 00:06
posted by yue at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ「アルジャーノンに花束を」観たが...

このドラマ、原作が自分にとってのNO.1ぴかぴか(新しい)小説であるので、
オンタイムでどうして見ていなかったのか考えてみると、
好き過ぎて、この不朽の名作と言われる原作の世界観が
壊されるのを見たくなかったのだと思う

実際観てみると、なんというのかもったいないふらふら残念ながく〜(落胆した顔)
もう少しなんとかできたのではないかもうやだ〜(悲しい顔)と思わされたドラマだった

知能に障害を持つユースケ・サンタマリアさん演じるハルがパン屋に
連れてこられるところから始まる
ここは、ラストに繋がる伏線だが、こんな単純なHappyEnd的なラストひらめき要らない

もっと、観ているものに人間の本質、真の幸せとは何かぴかぴか(新しい)
考えさせるようなラストであって欲しかったちっ(怒った顔)

まず、キャストが地味だバッド(下向き矢印)
ユースケに菅野美穂ちゃんにいしだあゆみ、オセロ中島、吉沢悠など…

地味でも、この間やってた「それでも、生きてゆく」ように
しっかり演じられる人たちが
魂を込めて演じていれば、観ているものにどれだけ伝えることが出来るか
と感じられるドラマだったら、よかったがふらふら

が、残念なことに「アルジャーノンに花束を」には、感じられないふらふら
浅い感じ、何もかももうやだ〜(悲しい顔)

こういうヒューマンドラマには、心象描写と重なるような美しい風景が
一段と全体の空気感に作用するだろうし、色々なことを考える上での
良い余白となったであろうが、そういうものもないふらふら

演出や脚本、演じ手などなど色々言うときりがないので…
名作を原作にしても、視聴率が取れなかったのも致し方ないと…


そうそう、コレはイイと思っているのは、このドラマの主題歌
”すばらしいexclamation×2

posted by yue at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野美穂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする