2010年10月24日

2010年10月23日のつぶやき

yue524 / yue
期待していなかったが以外にイイ(^v^)Q10 | http://aoinamida.seesaa.net/article/166913610.html at 10/23 06:49

posted by yue at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期待していなかったが以外にイイ(^v^)Q10

なかなかうまい脚本だねかわいい
こういうの結構スキ揺れるハート
1話より2話のほうが、肩の力が少し抜けてよくなってきたかわいい
大体のテーマも想像つくので、それをどういう風にこれから見せてくれるか?
楽しみでするんるんるんるんるんるん

学園ドラマって、ややもするとメッセージが押し付けがましかったりして、逆に引いてしまう時が
あったりするがく〜(落胆した顔)
だけど、これはそのさじ加減が上手いるんるん
あっちゃんがロボットだと聞いて、絶対彼氏みたいなものを想像していたので、
いい意味で裏切られてわーい(嬉しい顔)
この秋シーズンで、掘り出し物、見ーーつけたexclamation×2
 
それから主題歌もこのドラマの空気感に寄り添うようにピッタリで・・・・good job!
この制作の方たちのセンスが感じられるぴかぴか(新しい)
昨今は、そうでないものが多いので、それも高ポイントかなかわいい



posted by yue at 01:49| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

2010年10月07日のつぶやき

yue524 / yue
ドラマティックな恋揺れるハートに憧れるお嬢様方に見て頂きたい
ニュームーン/トワイライト・サーガ | http://aoinamida.seesaa.net/article/165011413.html
 at 10/07 05:39

posted by yue at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマティックな恋揺れるハートに憧れるお嬢様方に見て頂きたい ニュームーン/トワイライト・サーガ

これを見たのは、11月にこの3作目エクリプス/トワイライト・サーガを公開することを知り、
じゃあ前の見ておかないと・・・・・





小説ライトノベルで全部読んでいるので、どちらかというと映画としての作りに興味を持ちつつ見た目
 
小説ファンの人たちにもこの出来なら、悪くはないと思うかわいい
元から、本を読んだ感想の時にも書いたけど、この本自体が非常に劇画的だから、
映画やコミックにすることを前提に作られている気がしてならなかった本

内容的には、本の感想とかぶるのであえて書きませんふらふら
気になる方は、コチラ
少し読んでから時間が経過しているので、まあそれほど否定的な見方をしないで観たので・・・
星★★★★くらいあげてもいいかも・・・・
わたしにしては、大盤振る舞いかわいい
ドラマティックな作りになっているので、飽きずにみられるし、ジェイコブの登場でらぶ・ロマンスも面白くなってきたわーい(嬉しい顔)
やはり欧米の作品は、愛情表現のチューひとつとっても雰囲気があるから、若いお嬢さん方には
たまらないのかも・・・・ハートたち(複数ハート)


大奥見たぶんだったから、こちらの評価があがったかも・・・がく〜(落胆した顔)
posted by yue at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

映画「大奥」見た(~_~;)

月曜の午前中に行ったのですが、やはり空いてましたねわーい(嬉しい顔)

まず、見始めて思ったのは、ニノの言葉exclamation
設定は一応江戸時代なんだから、そんな現代っぽい話し方でイイのexclamation&question
だんだんと話が進むうちにこれは、そんなでもなくなりクリアされるから良かったが、びっくりしたがく〜(落胆した顔)

まあ、気になることを書き綴ったらきりがなくなりそうだから・・・・

全体にストーリーを軽くながしすぎ、
ポイントになるエピソードがないわけでもないが、演出なんでしょうかexclamation&question
おかげで見終わったときに残らないもうやだ〜(悲しい顔)
柴咲の将軍様も延々、でてこないがく〜(落胆した顔)
登場からの男前っぷりはよかったが、あまりにあまりに活躍の場が少なくてもったいないバッド(下向き矢印)
玉木さんや、佐々木さんもイイ感じだったが、こちらも同様に活躍の場が少なくてもったいないふらふら
大倉くんとの闘いのシーンが2度もあり、それも結構長いちっ(怒った顔)
ここにこれだけの尺を必要とする?
だから、ジャニーズ映画って言われちゃうんだよねもうやだ〜(悲しい顔)

ニノのせいではないが、主役の水野のキャラからすると、もっと男くさい(ヴィジュアル的にも)演者を使うべきであったと・・・・ニノでは、ちと線が細すぎるふらふら

設定も奇想天外で面白くなり得る要素は、多々あったのになんだかモッタイナイ映画でしたかわいい
posted by yue at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする