2009年06月28日

韓国ドラマ「イルジメ」と「タルジャの春」見てる目

久しぶりに韓ドラ見るるんるん
まあ、イ・ジュンギ君のヘビロテの時には見てはいたが・・・

前のようにハマらなくはなり、感覚としては
日本のドラマと見てるのと変わりないexclamation×2

そんな風に見るようになってか、作品の質のせいか、
イ・ジュンギくんのイルジメでは、この時の撮影、大変だったろうなぁーーーーもうやだ〜(悲しい顔)
とか、タルジャの春では、チェリムのあの頭(ヘアー)気になるがく〜(落胆した顔)とか

タルジャの春は、半分も過ぎたので慣れてきたけど、
DVDで見ているせいか、長いexclamation×2
22話という長さもあるが、1話が60分以上あるひらめき

ハマっていた時には、気にならなかったが、今はついあとどのくらい
って、時計を見ることが多いふらふら


繊細な描写、エピソードもいっぱいかわいい盛り込めてイイ面もあると思うが、
もっとシンプルぴかぴか(新しい)にした方が伝わる事もあると思うし、印象も違うと思う。

イルジメは、テレビで見ているから、短くて物足りない気もするが・・・
そこがまたまたもっと『見たい』という気を起こさせてくれるるんるん
話が分かりづらいのもあるんだけど・・・
今の自分には、これくらいで充分かなぁーーーわーい(嬉しい顔)
でも、こちらのほうが面白いし、クオリティが高い気がするグッド(上向き矢印)
ジャンルが違うから・・・比べにくいが・・・
続きを読む
posted by yue at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

BIG BANG イイかんじるんるん

春くらいから、東方神起をるんるんようやく聞きはじめたけど、
この子たちの楽曲もイイですねかわいい


東方神起とは違う魅力があるぴかぴか(新しい)
才能ぴかぴか(新しい)を感じさせるグループだねかわいい

わーい(嬉しい顔)売れそうだひらめき
posted by yue at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

今ごろ”ホテル・ビーナス”映画

イ・ジュンギくんのヘビロテを中断しておりましたが、
これは見ておきたいと思って、レンタルしましたかわいい

出だしの辺りは、シュールな雰囲気モバQ
モノクロで・・・・
これがここの人達の心のようにだんだんと色づいてゆく・・・ぴかぴか(新しい)


まず思ったことが、音楽が非常に良いるんるんるんるんるんるん
風邪気味で、薬飲んでいて、ボーっとした頭にもすっと入ってきたかわいい
ラストの曲、聴いたことがあるひらめきと思って、
調べたら、これだったexclamation×2


詩の内容もいい感じで作品にあってるかわいい

イ・ジュンギくんは、どうだったかあまり覚えてないが、
作品自体は、イイモノダッタぴかぴか(新しい)
ホリダシモノぴかぴか(新しい)おすすめかわいい
posted by yue at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

ライトノベル 文学少女シリーズ 面白いるんるん

ライトノベルexclamation×2
ススメられて読んでみた目この年でも・・・
充分、楽しめましたるんるん





食わず嫌いではないですが、ライトノベルといえども侮れませんexclamation×2
というより、本当に秀逸なぴかぴか(新しい)作品でしたかわいい

yueが読んだのは、2作目の“文学少女”と飢え渇く幽霊【ゴースト】 モバQあせあせ(飛び散る汗)
始め、ファンタジーかわいいなのかと思われたが、そこは掘り下げられなく、
ストーリーは、進んでいくダッシュ(走り出すさま)
企画、構成、描写などなどよく出来ていますねェひらめき
モチーフにスタンダードな文学作品をもってきてるあたりは、なるほど・・・
と誰もが頷くに間違いなしわーい(嬉しい顔)
そこがタイトルの所以でもありますが・・・
モチーフになってる作品も読んでみたくなるexclamation×2
そんな力をこの本は、持っているるんるん


描写に関しては、少々オーバー気味と感じる事も多々ありましたが、
若い人達には、このほうがイメージしやすいからいいのかも・・・・
と思ってみたり・・・
まあ、慣れるんだけどねかわいい結局るんるん

トワイライトというアメリカの流行ったライトノベルかわいい
こちらも読んでいる最中ですが、こういってはなんだけど、
比べるとクオリティの差をずいぶん感じました。
もちろん文学少女がグッド(上向き矢印)トワイライトバッド(下向き矢印)

トワイライトは、だらだらと続いていて、内容も行き当たりばったり感がぬぐえませんたらーっ(汗)
ちょうど、同じ時期にこのようなライトノベルと言うものを読むと、
前者の出来のよさをさらに感じざるを得ませんでしたかわいい

ライトノベル、ライトノベルと何度も言ってるけど、
そんなの関係なしにして、文学作品としてオススメできるぴかぴか(新しい)ものです
posted by yue at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする