2008年12月21日

29歳のクリスマス 恋とは・・・

image83.jpg

ノベライズを読んで、特に思ったことは、
ドラマでは、典子と木佐の恋揺れるハートのレベルがどうも、
少しも離れていられない程の状態に思えなかったなぁーーーということがく〜(落胆した顔)
銀杏並木のあのシーンでも・・・

そんな、こんなでラストの空港たらーっ(汗)のシーンになるんだから、
2人の距離感がどこまで見る人に伝わったか?
やっぱり、この2人は住む世界が違いすぎるのよぉーーーーんかわいい
だから、こういう結末が・・・( p_q)エ-ンもうやだ〜(悲しい顔)
というような短絡的な思いを読むまでは持っていた。
でも、本読むともっと深いところで繋がっているふたりぴかぴか(新しい)と言う事が分かる。

  《でも、今は、無我夢中で恋をしてるわけではない。自分のすべてを捨てて、
   木佐の許に飛び込んでいく気持ちは、今の典子にはない。
   冷静に自分を見て、冷静に木佐のことも見ている。
   自分の思っていることを、典子も木佐も、相手にぶつけてきた。
   だから、何度も喧嘩をしたのだ。
   でも、それが、本当の恋ではないだろうか。
   「ひとつになれるか?」と、木佐は言った。「君の気持ちと、おれの気持ちが」
   別々の人生を送ってきた人間が、気持ちをひとつにしたいと願う。
   それが恋だ。

   たとえ、ひとつになれなくても、ひとつになりたいと足掻きつづけるのが、     恋だ。相手を抱きたいと思う。相手に抱かれたいと思う。
   気持ちも体もひとつにしたいと思う。その強い願いが、恋なのだ。
    典子は、木佐と自分の違いを知っている。だからこそ、
   気持ちをひとつにしたいと思っている。
   長堀のときのように、自分を捨ててしまうのではなく、自分をしっかり持った     上で、木佐とひとつになりたいと思っている。
   それが可能かどうか、典子には分からない。
   でも、だからこそ、ひとつになりたいという気持ちは、
   今までの、どんな恋よりも強いのだ。》
            (引用  29歳のクリスマス[下] 鎌田敏夫 新潮社より)
 



そうすると、もっと泣けるたらーっ(汗)

よく、木佐が言っていたように、彼に対して続きを読む
posted by yue at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 29歳のクリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

風のガーデン イイどらまでしたぴかぴか(新しい)



たらーっ(汗)泣いてしまいました

美しい映像かわいい素晴らしい音楽るんるんの数々・・・
それだけでも癒されてしまうぴかぴか(新しい)

心が震えたたらーっ(汗)心が感じたたらーっ(汗)心に響いたたらーっ(汗)
そんな秀逸な作品でしたぴかぴか(新しい)
ラベル:風のガーデン
posted by yue at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

容疑者Xの献身 読みましたひらめき

この作品のカスタマーレビュー

私の感想もまさにこのとおりexclamation×2
あまりにもぴったりすぎて、自分の意見を書くのもはばかれるがく〜(落胆した顔)

でも、面白く読みやすいし、ドラマや映画の原作になり得るのもうなずけるかわいい

他の作品をこれからも読むかどうかは、わからないなぁーーわーい(嬉しい顔)


posted by yue at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

まだまだ「29歳クリスマス」廃人かわいい

image79.jpg

ドラマがよかったから、ノベライズがでた訳で・・・
ドラマのよさが際立っていたからであって・・・
通常、原作の小説などからのドラマや映画は、
原作ファンからすると「ちょっと違うんじゃなーーーいexclamation×2」と
思うことが多いひらめき
そこからすると、ノベライズに限っては、そういうことはないんでしょうねわーい(嬉しい顔)

このドラマの良さは、キャストとキャラ設定、あと役者さん達の秀逸な演技ぴかぴか(新しい)
印象に残っているのが、やはり最終話の典子と彩の|||||/(-_・;)\||||||| まじ〜〜?バトルあせあせ(飛び散る汗)
あと、何話か覚えてないけど、彩が買ってきたケーキをふたりでやけ食いするシーンわーい(嬉しい顔)
あと、3人の日常のくだらない話の数々るんるん

こんなにもズバズバ言い合える友達関係に憧れるぴかぴか(新しい)素敵るんるん



posted by yue at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 29歳のクリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

私は、「29歳のクリスマス」廃人だかわいい

image103.jpg
終わちゃったよぉぉぉーーークリスマス

山口智子演じる典子の小気味いいほどの男前っぷりがこのドラマの売りるんるん
でしょうか?!閉塞感溢れるこの世の中に清々しいほどの男前っぷりが
なんだか、モヤモヤした気持ちを吹き飛ばしてくれそうな気がするかわいい

今の自分を自分が好き揺れるハートでいる事
そんな自分の人生を好きだと大きな声で言える事
それが幸せだと気づく事
分かっちゃいたけど、こう堂々と目の当たりにして言われると、
少々照れるるんるんが、清々しい気持ちだひらめき

でもなんだか、疲れたかわいい
廃人になりすぎたからかも・・・・

ハマりすぎて、ノベライズ本も買ってしまったひらめき
ノベライズ本というものを初めて読んだ
映画やドラマになった原作の小説などは、いくつもあるが・・・
ノベライズ本とは、こういうものなのかexclamation&questionふーーーんかわいい

あとがきに書かれているが、脚本家本人がノベライズ本を書くのは、
稀なことらしいぴかぴか(新しい)
そのせいだからか分からないが、ドラマで分かりづらかった典子の心情など
が痛いほど分かって、切なく苦しく感じたたらーっ(汗)

例えば、9話の電話で彩が木佐に「こんなときだから、典子が、あなたに会いたいと
思っているとは思わないのexclamationといって、典子が木佐と逢い、長堀さんの話をしたシーン

  《「おれに、そばにいてほしいって思った?」
    木佐が遠慮がちな声を出した。
   「え?」
   「おれがそばにいても、私の気持ちなんて分かってもらえない。
    そう思っただろう?あの人は、自分の事で私を求めてばかりいる・・・」
    木佐がそんな話し方をしたのは初めてだった。
   「まわりの人間は、おれのことを支えてくれて当然だ。おれは、
    そんな人生を送ってきたんだ」
    と、言訳をするように言う。典子は、木佐の手を握った。
   「あなたは、あなたでいいの。私は、私」
    典子はやさしく言った。木佐が、自分のことを一生懸命理解しようと
    してくれている。それが嬉しかった。
   「ひとつになれるのか?」木佐が真剣に言った。
   「きみの気持ちと、おれの気持ちが」
    典子は木佐を見た。ひとつになれるだろうか。この人の気持ちと、
    自分の気持ちが。
    木佐も同じ目で典子を見ていた。ひとつになれるかどうか、
    典子の心には不安がある。木佐の心にも、同じ不安があるのだろう
    と思った。》
         (引用  29歳のクリスマス[下] 鎌田敏夫 新潮社より)

この「ひとつになれるだろうか」が最終話の空港での別れのシーンの
伏線になっているんだよねかわいい
ドラマ見ているだけでは、ちょっと分かりづらい・・・
ある意味、純愛揺れるハート・・・
このふたり、合わないと私の中では決め付けていたのだが・・・
お互いを高めていける最高のパートナーになり得たかもしれない。
結婚と言う形がなければ・・・切ない話じゃもうやだ〜(悲しい顔)
個人的な意見としては、典子のようなタイプは、典子パワー全開にできるような本当は賢ちゃんみたいな「あいつイイ奴だよな」というような男が
合ってると思うんだが・・・・exclamation&question

ノベライズ本のこの別れシーンでは、ドラマよりたらーっ(汗)が溢れた
でも、リアルな現実なら、例え理解できてもこんな風に別れるなんて、
キレイ事になりすぎて納得できないexclamation
もっとドロドロがリアリズムかわいい
が、そこは、エンターテイメントのドラマぴかぴか(新しい)

自分の人生に責任を持ち、果敢に歩んでいく姿が潔いひらめき典子が
選んだ選択は、いかにも典子らしいと言わざるを得ない。
そういう姿を描くことがこのドラマの一貫した筋だろうひらめき

どう思いますexclamation&question

posted by yue at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 29歳のクリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

またまた見てしまってますexclamation×229歳のクリスマスクリスマス

ハマってますねぇーーーーハートたち(複数ハート)
完全に・・・かわいい
この地方では、昨年もこの時期に再放送をしてましたTV

そのときは、ながら見だったのだが・・・
次第にやっぱりハマっていったのだよるんるん

そして、今年も再放送を願いつつ1年待った甲斐があり、放送中ぴかぴか(新しい)
この作品ひらめき
とてもクオリティの高い名作でありながら、
all i want for chirsmas is you  マライア・キャリー の著作権関連
でDVD化ができないたらーっ(汗)らしいので・・・
今年の放送を録画しようと待ってたのさかわいいわーい(嬉しい顔)

典子のあの男前っぷりが大好き揺れるハート
あの白金の家での3人のかけあいが大好き黒ハート
あのマライア・キャリーの「all i want for chirsmas is you 」が大好きハートたち(複数ハート)

そこでこれを聞いてドラマの余韻に浸ってみては・・・・
posted by yue at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 29歳のクリスマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

風のガーデン さすが・・・

昨日の「風のガーデン」秀逸でしたねぇぴかぴか(新しい)

さすが倉本聰作品exclamation×2
映像も美しいし、クスっと笑顔わーい(嬉しい顔)になるような会話もあり、
あっという間のひとときでしたかわいい

中井貴一さんと緒形拳さんとのシーンぴかぴか(新しい)
とてもいいシーンでしたぴかぴか(新しい)

見終わって、この緒形拳さんがもうこの世にいないなんて・・・
どうも思えないもうやだ〜(悲しい顔)
本当に素晴らしい役者さんですぴかぴか(新しい)
posted by yue at 19:29| Comment(0) | TrackBack(2) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする