2018年04月23日

ゼクシィのCM



Twitterなんかみてると、kissしすぎで不快などという人が結構多くて驚いた

ブライダル雑誌としては、まあアリなCMだと思うが…

今の世の中は、なんていうのかな
許容範囲の狭い方が多いというのか
そういう人に限って、つぶやいてる人が多いのか…

寛容さとか余裕とかもう少し持てると生活自体もイライラしないのかもね
ラベル:ゼクシィ CM
posted by yue at 17:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

デイジー・ラック ドラマ化

NHKで4月からドラマ化されるあの海野つなみさん(かの逃げ恥で超有名になった)
の「デイジー・ラック」を読んでみた

なかなかいい感じのコミックだったなぁ
もちろん女子向きではあるが、幼馴染み4人がそれぞれ自分らしく前向きで一生懸命に
生きている感じが昔からある定番の群像劇ではあるが、やはりたぶん心の弱っている人たちには
響くと思うんだよね

視聴率は取れそうもないキャストではあるが、NHKだからもとより関係ないし、
今のこの時期にこの手の話という気もするけど、
NHKはドラマを民放より丁寧に作れるので楽しみは楽しみ
posted by yue at 16:41| Comment(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

久しぶり!小説読んだ!「あなたには帰る家がある」

2018 春の金曜ドラマになる「あなたには帰る家がある」の原作を読んだ
ここのところ本は読んでもノンフィクションが主だったので、
(* ̄- ̄)ふ〜んという感じで読み終わった

この小説、自分的にはあまり好きなものではなかった
この主だったキャラ4人ともが好感度が低い
だれにも共感できない感じで最後まで読み終えた

この感じでドラマにするの?あまりすきじゃないなぁ
愛すべきキャラとかいないと辛い
始まってないけど、どうなんだろう?
まあ、とりあえずは見てみると思うので、脚本家の腕を見たいと思う
中谷さんは好きなので、見たいんだけど…
posted by yue at 00:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

「アンナチュラル」いいドラマ!!

今週のお話は、特に素晴らしかった。
切なくて、悲しくてやりきれないから涙があふれてしまったけど、
本当に記憶に残るストーリーとなっていた。

いじめの話ではあるのだけど、それをこんな風にみせてくれるなんて
初めてだった。
この主人公は、法医学者だからその死の診断はわかってしまうのも想定内、
でもこのストーリーはそこが重要ではない。
そこに隠された、人たちの思いを受けて、多くの人が共感してやまない台詞とし
発信される。ミコトの言葉しかり、
「彼らはきっと、転校して、名前を変えて、新しい人生を生きていくの。貴方の人生を奪った事なんてすっかり忘れて生きていくの!貴方が命を差し出しても、貴方の痛みは決して彼らに届かない!貴方の人生は、貴方だけのものだよ。」
中堂の
「死んだ奴は応えてくれない、この先も、許させるように生きろ」 のように…

いじめの理不尽さに胸をかきむしられる、今もなお…

それといいタイミングで米津玄師の曲が流れてくる、一層涙があふれてくる
posted by yue at 17:48| Comment(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

「アシガール」サイコー‼

あれ、kissシーンってあった?
全話視聴終了したけど、
なんだか上手くまとまって満足度高かったため、ちょっと細かいところ忘れがち
たぶんこんなところも多くの人を心を余計に萌えさせてしまうのかも…

NHKのせいか、時代劇ベースもラブコメドラマの割にはしっかりできていたからこそ、
突拍子もないタイムマシン設定の話ではあったが、
多くの人が感情移入できたよい作品になったのではと思っている

なかなかラブコメもNHKで見ない気もするが、それが時代物とは恐れ入りましたというかんじ
NHKのドラマは、民放に比べるとやはり丁寧に作られている感じがするし、
思いのほか攻めている作品もあったりして、NHKだからこそ作れたドラマだなと思うものもあったりして
好きな作品が結構ある
このアシガールもそのひとつになった

エンタメだから、「未来が変わってしまう」などと無粋なことは言うまいと思うけど、
ラストで気になったのは、現代の唯の家族のこと
これ触れてない
これは気になる
結構、最終話は伏線回収してたけど…
これはお忘れではありませんか?と声を大にして言いたい

でも、それを置いておいたとしてもあまりあるくらい秀逸な作品に出来上がっていた
純粋で、怖いもの知らずで思ったことにまっすぐな唯のキャラが
周りを巻き込んで、あのはじめは達観しているような若君でさえ変えていくパワー元気もらえる
そりゃあ、若君も好きになってしまうはず

posted by yue at 02:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

「監獄のお姫さま」さすがクドカンです!

3話目をさっき見ていて、なかなかクドカンやりおるなぁと
感心しきり…

回を追うごとに面白くなっているのはもちろんだが、伊勢谷友介の役名が
板橋吾郎
その板橋と寝たとか寝ないとか、おばちゃんたちはワチャワチャする
ふと、ゴローという名前で気づく自分
おりもおり、元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが「72時間ホンネテレビ」開催中

ここで昔のことを思い出した方も多いはず、今どきの若い人は知らないと思われるが…
多くは語らないが、クドカンも意味深なことをぶち込んできたなぁと気づかれた人
どれくらいいるんだろう❓
まあ、今の菅ちゃんならいつもの豪快な笑いで吹き飛ばせるだろうから、
ぜんぜん心配いらないけど…
ゴローさんは、苦笑いしそう
posted by yue at 16:19| Comment(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

星降る湿原

すごく素敵な星空の動画を見つけてしまったので、
貼らずにはいられない
プラネタリウムのようにいろいろな見方ができて、面白い

北海道豊富町
サロベツ湿原の星空


よく星が降るようにっていう表現をよく聞くが、
コレだと思った
posted by yue at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

dTVの高橋一生君と長澤まさみさんの宇宙のCMに...

流れている曲
初めて聞いた時から、素敵な曲
好きだぁと思っていた

Bruno Marsの「Talking To the Moon」らしい

何回聴いてもいい
この曲の訳詞をしたのを聴いていたら、このCMは
この曲ありきから、作られたのだろうと推測できる
いい曲にいいCMセンスが感じられる

深津絵里さんとリリーさんのCMを思い出したりしたけど...
まあ、それは置いておいて

posted by yue at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

「29歳のクリスマス」にみる自己肯定感

久しぶりに見ていたら、
典子は自己肯定感の高い女、彩は反対に内面は自己肯定感が低い。
新谷も同じく自己肯定感が低い。
木佐は、そんなことも考えたこともないセレブ。(自己肯定感高いもちろん)

そのせいか典子は、非常に強いとても強い
最近のドラマにはないくらいの強靭な心の持ち主

このドラマは、自己肯定感が低い心を自分の人生が好きって言えるくらい前を向いて歩いていく
若者たちのストーリー

この頃のフジテレビはよかったね


posted by yue at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

「べっぴんさん」視聴やめた!

ここ何年と見続けてきた朝ドラをとうとうやめた

これ最初は、まだ良かったけど進むに連れてどうしようもなく
面白くなくなってきた
そこでついにまあ、惰性で見続けてきたけれど、
それを止めた

スッキリしたぜ
朝の貴重な15分を有意義に使えるわ
もっと早くやめればよかった
ラベル:べっぴんさん
posted by yue at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ(日本、海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。